かとりぶたを側に置き

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の大河『八重の桜』第1回の簡単な感想

<<   作成日時 : 2013/01/15 02:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

まだ『平清盛』の最終話の感想をupしてませんが、気軽に書ける感想を先に書きます。
今年の大河ドラマ『八重の桜』の第1回を見た感想です。

途中から見ました。八重が木に登って草履を落っことす場面あたりから。
全体的な印象は「手堅く作ってるなあ」でしたね。世間的な「大河ドラマ」らしい大河ドラマの第1回という印象です。ふつうに面白かったと思います。会津の場面はやや平板な感じもしましたが、八重の兄の覚馬が江戸に出てきたあたりから画面に引き込まれました。
しかし幕末に疎いので、いろいろな人が思わせぶりに出てきても「これ誰?」状態でした(笑)。吉田寅次郎なんてすぐにはわからなくて。まあ考えてみれば幕末で一番有名な吉田さんは吉田松陰でしたね。あと宮部鼎蔵もあとで調べて、ああ、池田屋でねー、とやっとわかるような。さすがに佐久間象山はわかりますけど。
あとはツイッターの感想でも見かけましたが、後半は完全に『覚馬の桜』でしたね(笑)。おそらくはじめのうちは覚馬メインで話は進むのかなって思いました。というか西島秀俊さん使うのは反則よ〜。西島さんにひかれて大河を見る女子は多いだろうと思います。まあ私の中では、時代劇での西島さんといえば『大奥 第一章』の家光くんだったわけですが、今回の大河で八重のお兄ちゃんの印象が強くなるんでしょうね。
でも草履を落とした八重と一緒に謝る場面で「妹が〜」と言い出したとき、見ていたうちの家族全員「妹?」と微妙な空気になりました。いや覚馬単体なら西島さんでもぜんぜん問題ないんですが、さすがに子役の八重ちゃんと並ぶとどう見ても兄と妹というより父と娘にしか見えなかったんで。

こんなしょうもない感想しか書けませんが、面白かったです。

ただ私はあまり幕末が好きではないので、これからもちゃんと見るかというと、どうかなーという感じです。私は関東者なんでどっちかっていうと佐幕派に感情移入しちゃうんで、あまり気持ちが盛り上がらないんですよね。まあ途中から明治時代の京都の話になるとは思いますが、明治時代もそんなに好きではないので、積極的に見る気にはなれないなと。
ひとつ言えるのは、及川光博さん扮する木戸孝允が退場するまでは見る、ですね。我が家にミッチーファンがいるので、「この大河にはミッチー出るよ」と言ってれば、家族がNHKにチャンネル合わせてくれますから。そうすれば私も必然的に大河を見るんですけど。
で、ミッチー退場後も家族が今年の大河にはまって見てくれればいいんですけど、私以外の家族が見なくなったときに、それでも私が積極的に見たいと思うかというと…微妙なんですよね。やっぱり私は題材ありきなので、去年や一昨年なら自発的に見るんですけど、今年はなあ…。
実は第2回は外出していて見ていませんし。再放送を見るかどうかはわからないです。
こんな調子ですから、感想も毎回は書きません。気が向いたらちょこっと書く程度です。今回は初回ということで。

『平清盛』の最終話の感想はちゃんと見直してからにしたいので、もう少しお待ちください。ではまた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
私も幕末はもとから興味がうすいので、『八重の桜』は北村有起哉さんが出るから観始めたようなものです。
それなのに、西島さんと長谷川さんが他のドラマや映画で観るより素敵すぎて、見逃せなくなってしまいました。
新島八重さんをよく知らなかったおかげで、『江』のときに感じた役者さんたちの年齢のギャップを気にせずに済みます。今回は歴史どうこうよりも、人間ドラマとして楽しもうかな、と思っています。
さい
2013/01/24 20:16
さい様

こんにちは。北村さんも『八重の桜』に出るんですよね。役名見てもどういう人物かピンと来ないのでどんな登場の仕方になるかわからないですが、楽しみです。
西島さんについては、ほんとに素敵な覚馬あんつぁまですよね。あんなお兄さんがいたらと思うほどです。長谷川さんもドラマの中での佇まいというか雰囲気が良くていいですね。
たしかに歴史の知識がないと気楽に楽しめます。今年の大河は普通の人間ドラマとして安心して見れそうな気がします。
以前さいさんのコメントにあった『望みしは何ぞ』読みました。面白かったです。感想も(大層なものではないですが)書く予定です。
あまのかるも
2013/01/26 12:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年の大河『八重の桜』第1回の簡単な感想 かとりぶたを側に置き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる