かとりぶたを側に置き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『平清盛』第47回『宿命の敗北』

<<   作成日時 : 2012/12/16 00:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

大河ドラマのためていた感想続きです。ありふれた感想しかないです。すいません。

伊藤忠清の言葉と、忠清を斬れなかった清盛がやはり一番印象的でした。
忠清はあんなことをほんとうは言いたくなかったんでしょうね。忠清が背を向けるところで、なんて淋しそうな背中と思って、観ていてなぜか私まで凹んでしまいました。
清盛の剣が錆びていたのが現状を象徴していてそこも見ていて悲しかったです。理想のなれの果てを見るのはつらいですね。
史実的には、私が読んだ本の受け売りというか読んだ印象ですが、福原遷都はかなり強引なものだったようです。ドラマではその清盛の強引さをさんざん描写したあげく、その顛末をあんな形で描くなんて、ほんとに残酷な描き方だと思いました。しかも回想が追い打ちをかけてましたしね。清盛は身体の軸も心の軸も見失ったと言ってるわけですから。そして茫然としている清盛が映ってこの回が終わるんですよね。心底暗い気持になる終わり方に、なんとも見ていてつらくなりました。
志は間違っていなかったはずなのに、今の清盛と平家には道を踏み間違えた感しか残ってなくて、ほんとうにやりきれないです。

一方頼朝は迫力を増していて源氏の棟梁らしくなってました。しおれた流人姿が消えてよかったなと思います。

義経が弓で運と度胸を試す場面はよかったです。これは秀衡も許さざるを得ないですね。
義経は弓が苦手と伝わってるんですよね。きっとツッコミ入れてる人いるだろうなと思いましたが案の定ツイッターで見かけました。でも作り手がそのことを知っているかどうかはさておき、その設定を前提にしていたほうが「運と度胸」の意味合いが強調されて面白いですよね。ネタで突っ込んでるならいいんですけど、真面目にツッコミ入れてるのは墓穴ほってるような気がします。

それから不満もいくつか。
維盛と忠清がもめる場面。武門としては出陣の日の吉凶を気にすることがよいという価値観は誤解をまねきやすいと思いました。あくまでも我が家の例なんですけど母親は忠清の主張を公家らしいと解釈していました。ですがドラマ上ではそのほうが武士らしいという描き方でしたよね。あまりうまいやり方ではないと思いました。まず兵糧の準備で維盛と忠清をもめさせるとか、あるいは日の吉凶を言われた時、兵の鼓舞の仕方で維盛と頼朝で差をつけるとか、他にやり方はあったような気がします。

上総広常と頼朝が会う場面。もう少し頼朝の言葉とかをふくらませたほうがよかったかも。上総広常、わりとあっさりとおみそれしちゃうからねぇ。あっけなくって拍子抜けしました。
そういえば上総広常役の人、義経にも出てたよねと思いましたが、ネットで確認したところやっぱり出てました。あの声と容姿はなんとなく印象に残ります。

あともう一つ感想残ってますね。明日は、というかもう今日ですけど放送時間が早いので、それまでになんとかしたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あまのかるも様
江戸城三の丸尚蔵館の催しで、台記、玉葉、西行書状、(成親宛?)重盛書状などが展示されてますが、御覧になりましたか?
玉葉は、以前も展示されていましたが、その時は「平禅門薨去」の記事の部分で、今回は、富士川の戦いの報せが届いた記事の部分が開かれています。
今回の大河が、難解な理由の一つは、やはり清盛の思いの吐露が少なかったからでしょう。もう少しその聞き出し役として、西行を使えば分かり易くなったのではないか、と思うのですが…。親友だったのに出家後はほとんど出番無しでしたね。頂点に立った清盛の孤独感を表す為の演出だったとは思いますが、これだけ長丁場のドラマには、もう少し分り易さも必要だったと思います。
三の丸に行かれるようでしたら、閉館時間が、冬バージョンになっているのでご注意を。私はこの前15分程しか観る事が出来なかったので、もう一度出直さなければなりません(笑)。
武江
2012/12/18 02:20
武江様

三の丸尚蔵館の催しは知りませんでした。情報ありがとうございます! 公式サイトを確認したら22日・今週の土曜日までだそうですが、都合をつけてぜひとも行ってみようと思います。実質平安末期のものが含まれているので、なんとしても行きたいです。ほんとうにありがとうございます。
それから開館時間の件もありがとうございます。教えてくださらなかったら気がつかなかったかもしれません。それにしても開館が3時45分まで、入場は3時半までって閉まるの早いですね。いくら冬で陽が落ちるのが早くても、早すぎるような(笑)。
たしかに西行はもう少し出番を増やして清盛と絡ませたほうがよかったかもしれないですね。放送前はもっと出番があるのかなと思っていただけに少々がっかりです。傍観者としての西行を、ドラマの中でうまく使えてなかった感じがします。
そういえば、私の知り合いも今年の大河は動機がわかりにくいと言ってました。内面描写のわかりやすさはやっぱり大事ですね。
あまのかるも
2012/12/19 01:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『平清盛』第47回『宿命の敗北』 かとりぶたを側に置き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる