かとりぶたを側に置き

アクセスカウンタ

zoom RSS よしながふみの大奥のドラマ

<<   作成日時 : 2012/10/14 11:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

TBSでよしながふみの大奥をドラマ化したそうです。10/12に第一回を放送しましたので、我が家でも早速見ました。簡単にですがその感想を。

ちなみに原作は諸事情で私は2巻のみ読んでいて3巻以降は未読です。だから家光編のオチは知りません。

全体的に原作通りでかつ面白かったです。漫画の実写化は悲しくなる出来も多いですが、これはよかったと思います。

堺雅人さんが有功役と聞いて、どうなるんだろうとやや不安でしたが、案外違和感なかったです。声が元々妙に高いので若づくりがあまり不自然でなく、独特の雰囲気が浮世離れしたキャラと合っていて好印象でした。実年齢と役年齢の差はあまり気にならなかったですね。まあ京なまりは下手だなと思ったけれども。

冒頭の有功登場場面で、小日向さんが出ていてびっくり。ここでもややなさけない雰囲気のお父さんで、為義さんを思い出しました。

明慧が駿河太郎さんだと最後のクレジットを見るまで気がつかなかったです。クレジットを見て「えっ、どこに経盛が…って、明慧か!」と初めてわかりました。

玉栄はうちの妹が漫画のキャラそっくりだと感心してました。似たような子がうまいことジャニーズにいてくれてよかったですね。

原作通りにドラマでも春日局は怖かったですねぇ、ほんとに。麻生祐未さんすごいわ…。

稲葉正勝は史実ではほんとに早死にしてるんで、家光の身代わり設定はその事実をうまく使ってます。演じている平山浩行さんはよく知らなかったけれど、コードブルーで、死んじゃった恋人役の人だったんですね。思い出したわー。

松平信綱は、春日局から家光の死を隠すように言われた時に驚嘆するだけだったのが阿呆っぽくて、知恵伊豆らしからぬ感じがしてちょっとがっかりです(笑)。たしか原作も同じだったと思ったけどどうだったかな。

クレジットで生稲晃子の名前があったので、どこに出ていたのか気になりました。調べたら松平信綱の妻でした。史実だと井上正就の娘ですね。ドラマではどうでもいい話ですけど。

死んだ家光はいかにもバカ殿って感じなのがねぇ。原作もそうだからしょうがないけど、見ていて情けないです(笑)。

女家光はいかにも生意気な嫌な子って感じで、キャラに合ってると思いました。でもツイッターではあんまり評判よくないみたいですね。

どうでもいい話ですがヅラはNHKのほうがうまいなと思いました。TBSはいまいち不自然ですね。NHKは昔からハイビジョンカメラにさらされていたから技術が向上するのかなあと思いました。

毎回感想を書くつもりはないですが、気が向いて余裕があったらたまに書くかもしれません。でもあまり期待はしないでください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
よしながふみの大奥のドラマ かとりぶたを側に置き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる