かとりぶたを側に置き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『平清盛』第35回『わが都、福原』

<<   作成日時 : 2012/09/15 18:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本放送のリアルタイムはながら見だったので、再放送でちゃんと見ました、平清盛。自民党の討論会とやらで時間が延びてましたが、2時間遅れで始まりましたね。
急いで書いたのであまりうまくまとまってないですが感想です。

今回は頼盛と清盛とのやりとりが一番印象に残りましたね。公卿になることが目標・ゴールだった頼盛と、一族の昇進があくまでも目標・夢を実現させるための手段にすぎない清盛との違いが、最後の場面でようやく頼盛にも伝わって、ズレを修正することができたというところなんでしょうか。頼盛の清盛への心情とその変化の描写という意味では、面白かったです。
一方で、たとえば頼盛が皇太后宮権大夫の職をサボリ気味だったとか、清盛が頼盛を評価するのはなぜか等、具体的な状況の描写が不足しているのは残念なんですけど。基本的にこの大河は最初からあれもこれもと詰め込み気味なんで、細かいところで説明不足のところはありますね。私は無意識に脳内補完してしまう人なのであまり気にならないですが。ただ歴史に詳しくない会社の同僚が「このドラマは人物の行動の動機がわかりにくい」と言ってましたし、視聴者に登場人物の動機や評価を納得させるような場面の積み重ねが足りないんだろうと思います。
それでも最後の頼盛の言葉は清盛への違和感が解消されたことが表れていてよかったなとほっとしました。昔の忠盛・忠正兄弟のことも思い出しました。途中家盛と頼長とのやりとりを彷彿とさせる八条院と基房の言葉があってひやひやしてましたから。今後頼盛と清盛との仲がどうなるかはわからないけど、ひとまずは安心しました。

他に印象に残ったのは政子でしたね。すごいおてんばぶりで、かわいいな〜と思いながら見てました。時政との場面も見ていてとても楽しくて和みました。なんだかんだいいつつ仲が好さそうな親子で、父と娘の物語が好きな私にとってはかなり楽しめる場面だったです。政子の縁談話が、実情がばれた瞬間速攻で断られていたのが笑えました。
それから頼朝については…とりあえずしっかりしてよ、と言いたいような状況でしたね。ほんとにあぶない人になっていて、大丈夫なんかと。
そして政子がしかけた網に頼朝が引っ掛かるとか最悪な出会いですな。政子からするとその前の幽霊状態の頼朝を見たのが初めての出会いなわけですが、実際に互いが互いを認識する出会いがあれっていうのは面白いです。

あとは簡単に羅列で。

比叡山の天台座主明雲について、ツイッターで眉毛がどうたら言われていたので、どんなもんなのかと思っていたら、ほんとに立派な眉でした(笑)。何回か見ているはずですが、真正面から長々と見るのはこれが初めてかもしれないですね。

清盛の出家場面は、これガチで剃ってるのかと思ったら、実際に剃ってたらしいです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120721-00000300-oric-ent
たしかにヅラでついている髪を剃っているようには見えなかったので、リアルな剃髪というのは納得です。

時子も清盛の出家にあわせて出家してました。時子さん尼姿もかわいらしく綺麗ですなあ。
でもこういうところでもう少し夫婦の会話場面がほしいよなあと思いました。ちょっとしたことでいいんですけどね。

重盛は一門の中での自分の立ち位置に思い悩んでいる風情で、覇気がない雰囲気をまとってるのが不安になりますね。父親から平家の棟梁の座を任されたのだから、もっと周囲を蹴散らすぐらいの気概というか野心を持ってほしいけど、それはできないのが重盛なんでしょうね。
そして宗盛は良い意味であほな坊っちゃんならいいんですけど、時忠の余計な言葉でますます妙な思惑を持ちそうになっていて、そこも心配です。

後白河は相変わらず清盛にはツンデレで、まあ結構なことです(笑)。

基房・兼実兄弟や八条院は、微妙にうざい存在感がいいですね。
でも基房を見るたび細川さんのノリノリの演技に、面白いような、前の大河での役を思い出して微妙のようなで、複雑な気持ちで笑えます。

最後に遮那王が顔見せで登場していて、昔の牛若がほんとうに成長した姿に感無量になりました(笑)。大きくなりましたよね、神木くん。この後の登場も楽しみです。

こんなところでしょうか。明日の回はスタパで見た場面もあるので楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『平清盛』第35回『わが都、福原』 かとりぶたを側に置き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる