かとりぶたを側に置き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『江 〜姫たちの戦国〜』第17回『家康の花嫁』

<<   作成日時 : 2012/07/29 14:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

引き続き去年の大河の感想です。早く終わらせてしまいたいということで2連続更新でございます。おつきあいしてくださる方はどうぞ。

今回もわりと見れました。秀吉と家康の対面場面は面白かったですね。前もって頼みごとをする秀吉と、頼まれていないことを付け加えた家康と、そのあたりのやりとり駆け引きの緊迫感が感じられてよかったです。

でも江の物語としてはほとんど見るところがないという話。とりあえず秀吉を足で引っ掛けるなんてはしたないわよってところです。あと盗み聞きしているのを見られてもしれっとしているのは嫌ですね。

浅井三姉妹は実際はこの時点でどういう待遇だったのでしょうね。このドラマだと信長の姪扱いでかなり優遇されてますけど…。

この回で小吉秀勝と初対面でしたが、それだけでしたね。あの発言で「面白い女子」というのが無理があると思いました…。最近の説ではもう結婚してるはずなんですよね、あの二人。

最後の茶席の場面、ここもわりとよかったですが、あきらかに脚本家は秀吉と茶々の物語しか眼中にない感じがしました。この回の江は完全に傍観者なんですな。

花を生けたり、香を聞いたり、三姉妹が趣味をたしなんでいる場面を見るのは面白いです。話の筋とはまったく関係ありませんが。

旭と家康とのやりとりを見ていて、実際はどうだったのだろうとふと気になりました。よく言われるのは名ばかりの妻扱いみたいな話が伝わってますけど。このドラマの旭は兄思いで優しくけなげで、気の毒としか思えないですね。

さらに人質として家康の元へ赴くことをめぐる、おねとなかのやりとりは印象に残りました。女たちの心の痛みが伝わってくるように感じました。

一つどうでもいい感想。宮沢さんやっぱり綺麗ですね〜。今年出てほしかったなあ。十二単の宮沢さん見たかったよ〜。

さらに一つどうでもいい感想。上野さんの出ている最近のCM見ると、やっぱりかわいいんですよね。なんで大河ではあんなキャラになったんでしょうねぇ。

以上です。みなさん内容は忘れているから、あらすじなしでは、なんのことやらわからないでしょうけど、書く元気は残っていません。ごめんなさい。
さあ、あと一回! あと一回で感想終わる! 夏が終わるまでにはなんとかしたいです。もうひとふんばりがんばります!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『江 〜姫たちの戦国〜』第17回『家康の花嫁』 かとりぶたを側に置き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる