かとりぶたを側に置き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『江 〜姫たちの戦国〜』第15回『猿の正体』

<<   作成日時 : 2012/06/23 23:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

忘れたころにやってくる、去年の大河の未視聴分の感想です。
忘れてはいないのよー、忘れては。見る気力がなかなか起きないだけ…。
すっかり話の筋を忘れた方が大半でしょうが、お付き合いください。

番組冒頭(前回ラスト)で、江は秀吉の養女になりましたが、なぜこのタイミングで秀吉の養女にしたのかドラマの展開的に意味不明。史実はともかくドラマの中でうまく説明できていればよかったのですが、それもなんだかよくわからず。うーん、なにがしたいんだ、制作者は。

いろいろもやもやすることはありすぎるのですが、特に、なぜ初が、江が生娘のままだったことに喜ぶのかよくわからない…。口喧嘩は多いけどふつうに仲の良い姉妹で、妹が先に女になるのが嫌だという発想がたとえ冗談としてもでるというのが、なんかいけ好かないです。こういうところでこの脚本についていけないと思い知らされます。
正直江と佐治一成が実際に夫婦になっていなかったという話、前も言いましたがちっとも面白くなくて、どうしてこんな展開にしたのかよくわからないです。一成が信包の前でいろいろ語ってましたが、そんなつもりで聞いているので、心に響かなかったです。

この回は「江が秀吉について探る」話が時間のほとんどを占めてましたけど、なんという時間の無駄遣いの回なんだろうと思ってしまいました。ほんとになにがしたかったんだろう…。江が秀吉を少し受け入れた以外なにも起きてないじゃないですか。

三成も秀次もキャラ設定があんまりで、脱力してしまいます。三成の例のお茶三杯の話を自分語りで三成に言わせるとか。特に何があるというわけでもないのに秀次を酔っ払いキャラにするとか。話の中での人間関係とかキャラ立てとかそういうのをちゃんと考えてるのか疑問です。

徳川家の場面で、(長丸ではなく)竹千代を見ながら家康が「なぜ於義丸ではなく竹千代を後継ぎに選んだのかわからぬ」とかなんとか言っていて、耳を疑いましたよ。家康、おめーがわからなかったらだれがわかるんだー! なんなのこの脚本…。こんなセリフ言わされて北大路さんが不憫でならないです。いや、こんなセリフ多かったよなあ、去年…。

今年の大河の脚本家の藤本さんは、言葉のキャッチボールとしての面白い会話を書くのがあんまり得意ではないようなと思っていて、それはさすがに去年の人のほうがうまかったかなと思いかけておりましたが、今回久しぶりに見たら、それは記憶違いでした。会話での江の返答が「はあ」だの「へえ」だのしかなくて、なんて無駄な会話なのかと思うと、もうね。

最後の秀吉と江の会話、言っている意味はさっぱりわからなかったけれど、秀吉の人のよさそうな雰囲気だけは異様に伝わってきて、岸谷さんてすごい役者さんなんだと思いました。ほんとすごいわ。よくわからんけど江がほだされるのは変な説得力がありました。しかし上野さん、この脚本まったく理解できなかったろうなあ。セリフ口にしながら?マークが頭の中かけめぐっていたんでしょうねえ。

ああ、なんだか褒めるところがなにもなかったなあ…。一応は色眼鏡で見てはいけないと思って、できるだけまっさらな気持ちで見るよう心がけてますが、それでもこんな感想になります。すいません。

私はあまりけなす感想が好きではなくて、それは去年も今年も同じなんですけど。不満も書きますけど、基本は話を楽しんだことを書きたい質なんですが。
去年はほんとうに褒めることが難しかったです。今回未視聴分を見て改めて感じました。
今年の大河はそれに比べると楽です。思ったことをふつうに楽しく話せるので。書きたいことが多くて、という意味では大変なんですけどねー。

時々清盛の感想を眺めていて、史実寄りの人たちの不満を目にすることが多いですが、気持ちはわかるなあと思いつつ、だんだん怒りがわいてくるんですよねぇ。そしてしまいにはいつもこう言いたくなってしまいます。「おめーら贅沢言うなー! 去年と比べたら天国なんだぞー!! すっごく恵まれてるんだからなー!!」
…なんてね(笑)、すいませんねぇ、口汚く変な怒りぶちまけて。浅井江ファンの愚痴ということで許してください。
まあ、私、平安時代好きとは言え、源平期は平安時代の中ではそれほどでもなくて、中期が一番好きなんですね。そして源平合戦はなんだかんだでドラマ化されることも多いのに、中期はめったにないから、そういう意味でも源平ファンがうらやましいんです。指くわえて、いいなあ、うらやましいなあ、恵まれてるなあって思うことが多いです。(でも中期は源氏物語絡みや陰陽師があるからもう少しましかも。もっと悲惨なのは平安初期よね。なんかあったかしら。将門も中期だから違うし)
で、その上に去年の件が加わるから、もうねぇ、怒り心頭に発してしまいます(笑)。平安中期ファンで浅井江ファンである私にとって、院政期・源平ファンはわがままにしか見えません(笑)。
いや、冗談なんで、まじめに受け取らないでくださいね。せっかく映像化されるのに、こんなドラマではと不満に思う気持ちもわかります。でも「君たち恵まれてる、少なくとも脚本家については」と思いたくなってしまう程度には、去年のダメージが私の中では大きいようです。
本来大河の出来は、他の年の大河とは無関係なんですが、今年は去年のせいで自分の中でだいぶハードルが低くなってるな、という気がします。今年の大河が面白いと思うのも、去年のことが影響しているのかもしれません。でもやっぱり私には、今年の大河は欠点も多いけどドラマとしてとても面白いと思います。そして去年の大河はそもそも長編ドラマとしての体をなしていなかったという評価になります。先日この感想のために江の第15回を見て、そのあと続けて清盛の第24回を見て、つくづくと思いました。

最後にネガティブなことを言い散らしてすいません。そして安易な比較もよろしくないとは思いますが、でも言わずにはおれなくてすいません。
あと3回分視聴と感想がんばります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あまのかるも様
吹き出しましまくりで、鼻水出そうです(笑)。正直、この回の放送内容は全く思い出せませんが、毎回こんな展開だったので、雰囲気は良く分かります。
その前作のひどさとの差からでは無く、今回の脚本家さんは、大したものだと思います。視聴率は関係なく、最近の大河の中では、出色の出来栄えなのではないでしょうか。義務感ではなく、これだけ飽きずに見続けた事は、近年無いです。
全体像が見えているから、早い段階で布石を打てるんでしょうね。それが裏目に出て、途中から視るという事を、難しくしているとは思いますが。次回予告を見て、出会いのシーンで、清盛作の落とし穴に、後の信西が落ちていたのは、あの話につなげる為だったのか、と気付いて、ゾクゾクッときました。
話の脚色も本当にうまいと思います。先日神保町で、元禄年間刊行の「本朝通紀」の端本、丁度保元・平治の乱辺りを扱った部分が、学術文庫の類よりも安く売っていて、思わず買ってしまいましたが、読んでみると、愚管抄や保元平治物語以上の事は、書かれていないんですよね。日本外史なんかもやはり同じで。忠正に関しては、江以上に情報が無い中で、初回から保元の乱後まで、ほとんど出ずっぱりで、新しい人物像を作り出したのは、すごいと思います。
忠正さんは、大昔、紀伊の局がスケバンだった頃、映画版で共演していたのが、デビュー辺りだったのではないかと思いますが、お見事でした。脚本がしっかりしているからか、どの役者さんの演技も凄みがあって(20世紀アイドルのあの二人だけは、マイペースですが。笑)、退出した後は、寂しさが残ります。昨年には、全く無かった事です。大抵いつの間にか消えてましたし。しかし、信西と義朝が退出してしまうと、結構寂しくなるでしょうね。
武江
2012/06/30 21:37
武江さま

もう内容、忘れてますよね(笑)。私もこの回をみながら、そういえば去年はいつもこんな感じだったな…という気分になりました。
今年の脚本家の方は、しっかりしたプロットと細かくて巧みな伏線が作れる人なんだなと思ってます。でもたしかに途中参加は難しいでしょうね。NHKはこの辺りで一話から一気に再放送をすればいいのに、と思います。
信西の件、ほんとにうまい伏線ですよね。でもこれも記憶力がないと面白さ半減かもしれないです。
やはり院政期は資料が少ないんですね。八百年も前のことですからしかたないんでしょうが。少ない情報から生き生きとした人物像を生みだすのは大変な能力がいるのだろうと思います。今回の脚本はキャラ設定がしっかりしている上に、演じる人や見る人の想像力をかきたてるなにかがあるような気がしてます。
去年はなんとなくあらわれてなんとなくいなくなって、でも視聴者はなんとも思わない、そういう人々が多かったですが、今年はいなくなるとさみしいと思えるという意味でも、話の中での登場人物の重みが違うと思います。
豊原さんてスケバン刑事に出ていたんですか。紀伊局と平忠正が同じ映画に出ていたと思うとちょっと笑ってしまいますね。
あまのかるも
2012/07/01 19:17
 秀吉の養女としたのは、真に豊臣家の人間として
自覚をもってもらうためなのかなと思います。

 それぐらいしか思いつきません。

 会社でも新卒から入って10年でその会社の人になりますからね・・・・
中途でも上が面倒みるところはまたたくまにその会社の人になるのを
まじかでみています。

  
ルーシー
2012/07/15 15:15
ルーシーさま

秀吉の養女にした理由については、ドラマの中でその理由となるものの描写・説明がまったくなくて、予備知識等を使って100%こちらが想像して話を作らないといけないのが、なんとも萎えるところです。
ルーシーさんの推測にしても、ドラマの中からそう思う根拠をあげよと言われるとたぶん困ってしまうのではないかと思います。
正直言って私は、ドラマの中だけからは思いつきません…。
あまのかるも
2012/07/15 17:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『江 〜姫たちの戦国〜』第15回『猿の正体』 かとりぶたを側に置き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる