かとりぶたを側に置き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『平清盛』第02回『無頼の高平太』

<<   作成日時 : 2012/01/19 00:39   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。平清盛の感想なんですが、ごめんなさい、まだ第一回を見直しておりませぬ。先に第二回の感想行きます。

平太くんこと清盛くんの中二病っぷりがすごいですね(笑)。史実の年齢はまあおくとして、あまりにも若者らしいわがままっぷりに、脳内で尾崎豊が流れましたよ。盗んだ馬に乗って走り出してもおかしくないですね。
忠盛さんは、随所に辛抱強い器の大きいお父様らしさをみせてくれて素敵だなあと思いました。今回、我が家でも貴一さんはとても評判がよいです。
あと、宗子ママがすっかり清盛に遠慮気味の継母になっていて気の毒になりました。もう若くないので中二病気分には否定的になりますし、同じ女ということもあって宗子さんに感情移入してしまいます。和久井さんの演技いいですよね。
後の信西こと高階通憲の初登場場面は笑っちゃいました。ツイッターの感想でもたくさん出てましたが、「俺は誰なんだ!」「誰でもよーい」の流れは笑えました。というか阿部サダヲさんが出た瞬間、我が家でも「サダヲ〜!」「マルマルモリモリ!」などと反応がすごくて。サダヲさん大人気です(笑)。しかしあの初登場場面、実は信西の最期を思うと…なんですが、ネタバレになるので家族には説明してません。
最後の清盛の舞の場面はけっこう良かったですね。動きが大胆で、若さあふれる感じで。実際の舞楽は(個人的には)もっとねむいものですが(そしてそのねむさがいいんですが)、あざとい演出がここでは良いほうに生きていたように思います。ちなみに史実では舞人は六人だったらしいですよ。ツイッターで見かけた情報なのでソース未確認ですけどね。よく私がテレビで見る舞楽は一人でしてないので、たぶんこの情報は正しいのでしょう。
白河法皇、やっぱりインパクトありましたね。清盛が実の父の恐ろしさに打ちのめされるのも当然という迫力でした。それだけに最後の死はあっけなかったです。ここで退場してしまうのが惜しい気持ちになりました。ただ祇園女御に清盛のことを言われて彼女を邪険にするところは、ただのDV親父っぽくて、少々法皇らしくない感じがして、ちょっともやっとしました。
鳥羽上皇のひねくれたヒステリーぶりがなんともやばかったです。三上さんすごい…。白河さんも亡くなったことですし、次回以降の鳥羽さんの反撃がちょっと怖くて期待です。
最後の最後で義朝登場も印象深い描写で期待が高まりました。まあ史実の年齢は(略)ですが、大人が演じ始める時点で、史実とは関係なくだいたい10代半ばぐらいと考えとけばいいんじゃないですかね。私は大河ドラマはいつもそんなふうに観ています。

全体的に第二回も面白かったです。登場人物全員のキャラがしっかり立ってますし、世界観がドラマ内で統一されてますし。脳内補正がふつうの時代劇どおりに、自分の好み&歴史知識とのすり合わせだけで済むのがありがたいです。また第一回ではストーリーが詰め込みすぎになるかも…と心配になり、第二回でもその辺りは不安なのですが、基本は清盛パートをしっかりメインに据えているようなので、筋が散漫になる可能性は少なそうです。ただし、特に周辺部分の描写が粗くなるだろうとは思います。
それから、わりとベタな(そしてわりとあざとい・安っぽい)脚本・展開&演出が気になりました。私は通俗的な部分があっても大丈夫ですが、そういうのが嫌いな人、大河に求めていない人も一定の割合でいるでしょう。またパクリっぽいというかありがちで陳腐と思う人もいるだろうと思います。おそらく脚本家を始めとして制作側にとってなじみがない時代を、既存のものを借りてきて描写しやすくしているような気がします。この辺りの評価は今後の展開をある程度見るまでしばらくは保留にしておきたいです。
また説明セリフが多いとも思います。ただエピソードで心情等を語っているところもあるので、去年ほどには説明セリフが悪目立ちはしてない感じです。この辺りも今後上手に処理できるようになるか、だと思います。

そういえば清盛の母を殺させた話ですが、第一回での経緯について、正直なところ平安時代っぽくはないです。あの当時は穢れと称して特に血を忌み嫌ってましたからね。重箱の隅をつつくような話ですが。ただドラマの流れとしてはありだと思いますし、この当時の身分の低い人々に対する扱いがよろしくないというのをわかりやすく見せるという意味でもありだと思います。
他にもツイッター見てると、院と直答していることとか取次ぎなしで対面していることとかへの突っ込みをちらほら見かけます。たしかに細かい部分でも当時を再現してくれたら、それはそれで嬉しいですが、テレビドラマだからあまり細かく要求するのもと思います。

画面について兵庫県の知事がなんか言ったらしいですね。私は汚らしいのは庶民の暮らしぶりや都の荒廃ぶりの描写として問題ないと思うのでかまわないのですが、でも全体的に画面の色味が黄色いのが嫌ですね。なんで黄色くなるんでしょうね。

まだ始まったばかりなので今後どのような感想になるかはわかりません。去年のようにはなってほしくないですが、できるだけまっさらな気持ちで観ていくつもりでいます。
メモを取ったわけではないので、感想のもれがあるかも。でもとりあえずこんな感じです。ではまた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大河ドラマ『平清盛』第02回『無頼の高平太』 かとりぶたを側に置き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる