かとりぶたを側に置き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『江 〜姫たちの戦国〜』第23回『人質秀忠』

<<   作成日時 : 2011/06/20 01:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

今回も比較的簡単にではありますが感想です。ある意味日曜見ている中で一番感想書きやすいですね…。(書きたいことがたくさんあると長くなるもので)

やっぱり清水紘治さんの北条氏政、少ししか出なかったですね。なんかもったいないです。たくさん出たからと言って、嬉しくなるような脚本ではないですけど、でももっと見たかったです。

北村有起哉さんがこのドラマの秀次ってもったいないと思いました。三成と言い争うところとかとても印象的でしたし。なんで酔っ払いキャラにするんですかね。どうしてもそういう設定にするなら、せめて秀頼が生まれてからにすればいいのに。今からやばい人じゃ、秀吉が跡継ぎにしようとするのが逆におかしく思えます。

秀吉と利休の対立する場面ですが、かなり緊迫感ありましたが、内容的には子供の喧嘩みたい…。茶碗が気にくわないの、遠出したくないのと、なんのこっちゃと思います。いや、あれはあくまでも表面的なものでっていうのはわかるけど、裏の理由も、利休が裏で徒党を組もうとしてるみたいなことを三成が秀吉に告げ口して、その後勝利の祝いの時、秀吉が茶室に行く前に家康が来てた、しかないのが…。もちろん前回までの話でもいろいろあったことはわかるけど、対立する内容が抽象的でぴんと来ないです。説得力をもたせるにはもう一押しか二押し足りないような気がして。

江と秀忠の場面、江と秀勝と秀忠の場面は、また楽しい学園ドラマですねとしかいいようがないです。
特に江と秀忠のやりとりは、つい見ながら面白くて笑うときもあります。でも頭の裏で「ふつうはこんなこと言わないって」とツッコミ入れてしまうんですよね。この立場の人が、この場面で、こんなこと言うなんて無神経だと思うと、どこかで醒めてしまいます。

あと、やっぱり子役は使おう。ほんとに。原作読んだとき、子役から本役への交代時期は元服のところだと思ったんですけどねぇ。元服前から本役っていうのは…。
別にリアリティを求めているわけではないです。昔の大河お得意の子役→本役切り替えはむしろリアリティがないものも多いわけで。
そうではなくて、子供であるという間違えようのない記号がほしいんですよね。上野さんの江のときもそうですが、「これは子供だ、これは子供だ」と言い聞かせながら見るのって結構めんどくさくて。子供時代を子役が演じていれば説明不要なのに、大人が演じているから「今このときは○歳」と歴史に疎い人に説明するのもほんとに面倒くさい。
説明しないとわからないのはほんとに困ります。

あまり否定的なことは言いたくないけれど、あまり歴史に詳しくない家族からもツッコミ入ると、なんか情けなくなって。

これだけだとあれなので、最後にどうでもいいことを。私が今まで読んだ感想を書いた本に載っていたことの受け売りですけどね。
今回の舞台は小田原だったわけですが、ここ、ひょっとしたら秀忠の隠居所になったかもしれないんですよね。
秀忠から家光に将軍職を譲ったとき、最初駿府に、次は小田原にと移る予定だったらしいですが、いずれも家光が、もっと近くにいてほしいと言ったために、立ち消えになったらしいです。結局は江戸城西の丸に移ったんですけど、もしかしたら秀忠と江が小田原にいたかもしれないと思うと結構面白いです。
また江が、忠長の引越しかなにかの日取りを金地院崇伝に聞いたあとでお礼に小田原みかんを300個だかを贈ったという話も読みましたが、小田原みかんというのが妙に印象に残ったので、今回紹介してしまいました。崇伝はどうやって大量のみかんを消化したんだろう、やっぱり弟子とかにおすそ分けしたんかな、とか想像して遊んでます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
利久切腹 
今夜の大河ドラマ ? 江?姫たちの戦国、今夜の見所はやはり 利久の切腹ですか。 ? それとも秀勝に(淡い恋心を抱く)江との別れの場面 でしょうか。 ? 何度も大河ドラマでは見ている 朝鮮出兵、これは秀吉の、夢物語なのか それとも、中国を支配化におけると思っていたのか その部分はわかりませんが、日本と中国古い昔からの 因縁が有るようです。 ? 【送料無料】江(上)新装版価格:893円(税込、送料別) ? 今夜も後1時間で始まります 今後の展開を期待しながら 見ましょうね。 ...続きを見る
日々気になっている事
2011/06/30 21:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
学園ドラマのシーン、普通に受け入れられた自分が
何だか怖いです。23話ほぼリアルタイムで見続けて
このペースに慣れてしまったと思ってます。
子役なしの件はまさにそうそう!と頷いてしまいました。
よく一緒にみる友人がいるんですが日本史は詳しくないので
「でこのとき江ちゃんは何歳くらいなの?」って何度も
聞かれてそのたびに「えーっと今は…」と答えてます。
こういう光景きっとあちこちであるんでしょうね(笑)
KAKA
2011/06/23 13:23
KAKA様

こんにちは。ほんと、慣れって怖いですね。我が家でもけっこう受けてましたよ、学園ドラマ。「江が主人公の大河ドラマ」でなければ、私も今よりもっと気軽に受け入れて楽しんでたと思います。
やっぱり何回も訊かれたんですね、江の年齢。私の場合、答えるたびに家族から「え〜見えない〜無理ありすぎ〜」としょっちゅう返されてました。見た目じゃわかんないから、年齢をテロップで入れといてくれって感じですよね(笑)。
あまのかるも
2011/06/24 00:04
こんにちは。
最近気になってた秀次役は北村有起哉さんというんですね。オープニングはいつもとばしていて、俳優さんの名前も知らずに終わるところでした。脚本がもっと良ければ、今までにない魅力的な秀次を見られたような気がします。
向井さんの秀忠もあのキャラでむしろホッとしてます。江が秀忠に、年上の者に対しての口のきき方がなってないと説教しようとした辺りは、苦笑してしまいました。
さい
2011/06/25 11:08
さい様

こんにちは。
北村さん、前に大河の『義経』で出ていたので覚えていたんです。そのときは架空の人物役でしたがやはり印象に残る演技をされてました。もっと脚本が良ければとほんとに思います。秀次には良い評判も残されており、いくらでも好感もてる悲劇の武将に描けるはずなので残念です。
秀忠、この調子で、江へのツッコミ役としてこれから機能してくれればいいですね。
>「年上の者に対しての口のきき方がなってない」
お前がいうな、ですよね(笑)
あまのかるも
2011/06/26 01:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大河ドラマ『江 〜姫たちの戦国〜』第23回『人質秀忠』 かとりぶたを側に置き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる