再来年の大河について・さらにおまけ感想

前の記事は妙にテンション上がりまくってたなあ。
我に帰るとなかなか恥ずかしい内容だ。

正直言うと玉木宏は、もし出るなら公家役で見たかったんだよねー。
武家役とは思ってなかった。
想像した落武者姿がすごくすごくすごくはまってたので、興奮してしまったが。

わりともっさりした松ケンの清盛に対して、シャープな線の細い感じの玉木宏を義朝に
もってくると、あとの後白河と西行はどういうタイプで来るんだろう?
なんかわからなくなってきた。
後白河は中二病設定が似合いそうな人が来ると思ってたんだけど、どうなるのかな。
待賢門院璋子の配役ともからんでくるしね。
(実は結構璋子ちゃん好きなので、余計本人&息子の配役が気になるのよ)

私は配役予想はしない(できない)ので、具体的に誰というのもまったく思いつかず、
これ以上はなにも言えなくなってしまうのですが。

実は平安装束の松ケンはまだピンとこない。スカパーのCM見ているせいか、
時子は森三中の黒沢でいいよ、とか思ってしまう。
つーかどうしても「海賊を退治して」云々の話がどうも連想できないのだ。
まだ公家姿は漠然と曖昧に浮かぶけど、武家姿はぜんぜんわかんない。
うーん、早く来年の夏になってほしい。

まあ、しかし、やっぱり平安時代はいいなあ。楽しいね。

来年『江』が放映されて、『平清盛』のキャスト発表や撮影情報とか出てくると、
私の頭の中がカオスになりそうだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック