かとりぶたを側に置き

アクセスカウンタ

zoom RSS 埼玉名刀展へ行ってきた話

<<   作成日時 : 2016/05/15 00:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。ツイッターでゲットした情報により、今日は、というかもう昨日ですが、埼玉名刀展を見に行田市郷土博物館に行ってきました。

刀を見に行くと言うと、刀剣乱舞ですか、って思われそうですが、あいにくとうらぶはやったことはなく。じゃあなぜにそんなものを見に行ったかというと。浅井長政所有でお江さん経由で徳川家に伝わったらしい脇差が展示されるから、でございます。私が行くからにはそんな理由でございますよ。

郷土博物館のあるところは忍城址ではありますが、明治初頭に解体されたそうで当時のものは残ってません。土塁のあとがあるぐらいだそうです。最近建てた御三階櫓などのお城っぽい建物を見て想像する感じですね。

道路を挟んで向かいにある諏訪神社、東照宮から行きました。全体的にこじんまりした佇まいでした。

そのあと郷土博物館へ。
まずは常設展から。中世・江戸・近代・古代の順に展示されてます。そこそこ見応えあります。忍城攻めのときの浅野長吉(長政)や木村重茲の手紙が展示してありましたが、原文の活字化と現代語訳が付いていたのでとても良かったです。行田は足袋が特産で、足袋の作り方の展示もあって面白かったですね。あと行田は古墳だらけらしく埴輪が色々ありました。(ここの展示でも種類が色々あるなと思いましたが、ネットで見た人様の感想によるとここの古代の展示は大したことないらしいです。埼玉古墳群の近くの博物館の方が充実してるそうですよ)

常設展見終わったあと、ちょうど時間だったので、一旦博物館の外へ出て、忍城内の敷地で忍城おもてなし甲冑隊の演舞を見ました。いろんな演目があるそうで、全部ではないですけど見れました。テーマ毎に筋と演出がちゃんと組まれていて面白かったです。とても良かったですよ。

演舞を見たあとは、券を見せれば当日中は再入場可能なので、博物館に戻りました。御三階櫓の中にも展示や昔の写真がありましたが、風邪が治りかけで疲れていたのでさらっとしか見れなかったです。最上階から外は見れますがあまり見晴らし良くなくてここもさらっと。

最後、目的の埼玉名刀展へ。第59回埼玉名刀展だそうで、定期的に埼玉県内回り持ちで埼玉ゆかりの刀を展示してるようです。
色々ありましたが、正直くわしくないので、わーすごーい的な感想しか書けません。華麗な拵えもあればさっぱり系のもあり、有名な人物が持ってたのもあれば、地元埼玉のものもあり、いろんな刀があって面白かったです。

そしてメインは、浅井長政ゆかりの脇差。出品一覧の説明によると「戦国大名浅井長政の愛刀。娘の江姫に託され徳川将軍家に伝来したと伝えられる。」だそうです。
刀と鞘・柄分けて展示されてました。鞘・柄は色目は地味ですが金の象嵌で菊や蝶の模様が入っていて、地味な色目部分にも細かい草花や蜻蛉の模様が入っていて、地味なのに細工が細かくて華やかでした。少なくとも鞘はひょっとしたらあとで作り直したものなのかも。徳川に来たあとのものなのかもしれないし、あるいはツイッターで茶々さん経由ではと考察してる方々を見かけたので、茶々さんがお江さんに渡したときかもしれないですね。
銘は表のは読めましたが裏はよく見れませんでした。なんでも「弘治三年二月吉日浅井備前守上之」とあるらしいけどわからず。金の井桁紋だけは見れましたね。
なにせ図録がないので必死に見た目を覚えました…。でも記憶違いはあるでしょうね。

そんなわけでお江さんが持っていたかもしれない脇差を見ることができてとても良かったです。病み上がりでも無理して遠出して良かったよ〜。
名刀展は5月15日の日曜日、つまり今日までです。行ける人はぜひ。

博物館自体はそんな広くないですが、えらく疲れてしまったので名刀展見たあとは早々に帰りました。体力が許せば埼玉古墳群も見たかったんだけど、実は結構離れてるので電車バスで来た身には移動が大変なんです。もっと元気な時にレンタサイクルで行きたいなあと思いました。

以上です。ではまた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
埼玉名刀展へ行ってきた話 かとりぶたを側に置き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる