かとりぶたを側に置き

アクセスカウンタ

zoom RSS トーベ・ヤンソン展

<<   作成日時 : 2014/12/21 15:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1月の最終日に駆け込みでトーベ・ヤンソン展に行ってきました。

時間がないのを無理に行ったのでめちゃくちゃ駆け足で見ました。
入ったとたんいきなり行列。最終日というのもありましたが、あれです、なぜかみなさん展示順に見ようとするんですよね。スタッフの方が「空いているところから見てください」って声掛けしてました。私はいつでも空いているところから見る人なので、言われなくてもしますけど。特にこの日は時間がなかったので、なおのこと空いているところから見ないと時間切れになるため必死でした。

まずは油絵から。うーん、色使いはあまり好きではないなあ。でも肖像画の類は興味深かったです。トーベの顔は美人ではないけど味のある顔ですね。
メインはムーミンの挿絵です。充実してました。どれも良かったけれど、ムーミンパパ海へ行くの絵が一番良かったかな。孤独を感じる絵で見ているだけでも胸に迫ってくるものがありました。
トーベとトゥーリッキ・ピエティラが過ごした夏の家の実物大のセットと夏の家があった島の模型は撮影可だったので撮ってきました。
画像

画像

あと夏の家での二人を撮影したビデオも上映されてました。
トゥーリッキって説明書きには友達だか親友とかいうふうに書いてあったけど、ようはトーベの同性の連れ合いなんでしょうね。日本語には同性の相方を指す言葉が一般化してはいないんだな、と思いました。
そしてトーベとトゥーリッキが作ったというムーミンの立体模型は超かわいかったです。マジで欲しい!と思いました。
水彩画の色使いは油絵よりも良い感じでした。色の組み合わせ自体は同じなんでしょうけど、私の感覚だと水彩画のほうが雰囲気に合ってるように感じられるからだと思います。
急遽駆け込みで行った一番の理由はホビットの挿絵です。今回は"トーベ・ヤンソン"展なのでムーミンと関係ない作品も展示されてたんです。そういうわけでトーベ・ヤンソンのホビットの挿絵も展示してありました。実物を見ると、ビルボがちょっとムーミンっぽくてかわいかったです。どのシーンかいまいちわからないところもありましたが、見れてとても良かったです。
またアリスの挿絵もありました。これも良かったです。
最後に記念撮影用のボード。
画像

仮装もできるようですが、それは時間不足以前に恥ずかしくてできない代物だったのでパスしました。でもノリの良い人なら楽しめたんじゃないでしょうか。

がんばって無理して行きましたが、その甲斐がありました。非常に良かったです。
時間が足りなかったため、図録とグッズを買えなかったのが心残りです。ああ、買いたかったなあ…。
グッズ売り場はすさまじい混雑ぶりで、ムーミン人気を実感しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トーベ・ヤンソン展 かとりぶたを側に置き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる