かとりぶたを側に置き

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島旅行記・後編

<<   作成日時 : 2014/12/17 00:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

広島へ行ってきた話、さらに続きです。

厳島神社のあとは宝物殿。展示品はいろいろありましたが、平家納経のレプリカは何度見てもいいですね。楽器も数点、高倉天皇の笙とか、横笛や琵琶があって、神社における神楽の重要性を認識しました。能装束や毛利家の武具もあり、これも興味深くて、良い展示でした。

宝物殿の次は、多宝塔を見に行きました。細い階段を昇って行ったのですが、すごい高いところにあったらどーしよー、と少々心配になりました。それでもまあなんとか到着。
画像

画像

高い場所なので、眺めは良かったです。
画像

道が狭いので、降りるのもけっこう大変でした。

それから大願寺にもお参りしました。
画像

画像

なで仏というものがあったので、私も撫でてきました。

さらに清盛神社へ。神社自体は最近のもののようですが、これもちゃんとお参り。
画像


こちらのほうにも鹿がいました。
画像


そして宮島歴史民俗資料館へ。
古い展示部分は説明書きも古いままで、品物も雑然と置かれてましたが、新しい部分は綺麗に展示してあり説明書きも新しく、新旧の落差を感じました。
宮島についてビデオ上映もしてまして、ナレーションの声が聞いたことある声だなーと思ったら、元NHKの宮本隆治さんで、てことはNHKがこの映像の制作かんでる?と思ったら案の定でした。
平家納経のレプリカがこの前の大河ドラマ平清盛で使った小道具で、ドラマの小道具といえども歴史資料館の展示に使えるのか、さすがNHKと思ったり。
資料館の一部は旧江上家住宅なので、伝統的な民家の内部を見ることもできました。途中庭を見て一休み。
画像

鯉がはねてましたね。
画像

帰りの新幹線の時間との兼ね合いで、時間に追われて駆け足でしたがなんとか一通り見れました。全体的にいろいろと面白かったです。

宮島巡りについては宮島歴史民俗資料館までが個人的なノルマで、お昼ご飯抜きで頑張ったので見終えたときはほっとしました。そして時間が押していたためそのまま名物あなごめしも食べられぬまま桟橋へ。
もう一度大鳥居。
画像


途中せめてもの自分の土産にガラス細工1個。今思うと牡蠣カレーパンとやらを買ってもよかったんですけど、通りがかった時は微妙だと思って買わなかったのは少々後悔です。

桟橋から再びフェリーに。行きも帰りもJRのフェリーでした。切符を買う手間を考えてこうなりましたが、帰りはもう一つのほうに乗ってもよかったかもなーと、これも少し後悔。

桟橋から駅までの間に途中通る地下通路です。行きは撮り損ねたので帰りに撮りました。
画像

この三人娘はなんじゃらほいと一瞬思ったけど、宗像三女神のことですね。
画像

あなごめしのお弁当、途中のお店でも売っていたけど、やっぱりふつうにあったかいの食べたいなと思って今回はあきらめました。次回訪れる機会があったら絶対食べたいですね。

そんなこんなで宮島口駅から広島駅へと電車で戻りました。初宮島も無事に楽しむことができて良かったです。

そして最後は新幹線の窓からマツダスタジアムを見て、広島に別れを告げました。
良かったよ、広島、いつかまた行きますね〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広島旅行記・後編 かとりぶたを側に置き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる