かとりぶたを側に置き

アクセスカウンタ

zoom RSS お江のゆかりの地についてメモ・その2

<<   作成日時 : 2010/08/03 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

お江ゆかりの場所・関東

さらにネットで見つけた、お江の名前が出てくるゆかりの地でございます。
一応メモ代わりに。

・我善坊谷 港区
荼毘に付した場所といわれています。
http://azabusaiken.ttcbn.net/machi/gazenbo.html

・最勝院 港区
崇源院霊廟の別当寺
なんかえらい現代的なところになってますよ。
増上寺行ったときに見に行きましたが、ほんとうにただのマンションです。
お寺の経営も大変なのねぇ。
http://www.mansion-owner.com/owners_report/200606.html

・築土神社 千代田区
北の丸の氏神でお守りをもらっていたそうです。
http://www.tsukudo.jp/hito-oeyo.html

・西久保八幡神社 港区
関が原の戦勝祈願をしたそうです。
http://www.hachimanjinja.or.jp/main/

・長善寺 新宿区
別名笹寺。
所有しているめのう観音はお江の念持仏かもしれません。
ていうかさー、笹が生えているから笹寺って安直すぎるだろう…。
http://kkubota.cool.ne.jp/sasadera.htm

・満願寺 横浜市青葉区
・琴平神社 川崎市麻生区
上記の寺社があるあたりはお江の化粧料だったそうです。満願寺には秀忠の位牌があり、
琴平神社は由緒に直接関係ないものの、お江の名前を由緒書きに出しています。琴平神社そばの化粧面谷公園の「化粧面」という地名はお江の化粧料であったところからついたそうです。
http://www.hirotarian.ne.jp/backno/1501-rekisi.html
http://www.hirotarian.ne.jp/backno/2109-rekisi.html
http://www.kotohirajinja.com/index.html
http://www.city.kawasaki.jp/25/25bunka/home/top/shigen/meisyo/meisyo_asouku.html

・徳願寺 千葉県市川市
鎌倉のどこかにあった阿弥陀如来を家康がお江のために江戸城三の丸に移し、
死後本尊として譲り受けたものだそうです。
http://www.icnet.ne.jp/~tokuganji/index.html(音がでます)

・医光寺 千葉県市原市
個人のブログ記事及びコメントによると、木像があるらしいです。
http://taigan.blog104.fc2.com/blog-entry-654.html
http://yaplog.jp/tttttt-s/archive/467
この寺のことのようです。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~kyoudosi/65383911/

・鶴岡八幡宮一の鳥居
夢のお告げにより備前国の犬島の石を使って、石の鳥居を建てたものだそうです。
建立したのは孫の家綱
鶴岡八幡宮に安産祈願もされていた模様。
http://www.hachimangu.or.jp/about/precious/index.html
http://www.hachimangu.or.jp/about/precious/c07_04.html

・喜多院 川越市
ここは一般的には家光・春日局のゆかりと紹介される場所です。
http://www.kawagoe.com/kitain/
江戸城の建物が移築され、「家光誕生の間」「春日局化粧の間」と伝えられているからなのですが。
…家光が誕生した場所っつーことは、お江もいたんじゃないのかと

・庚申塚大日堂 豊島区
秀忠とお江に仕えた春海和尚・俗名久目助右衛門が建てたお堂とのことです。
http://www.toshima.ne.jp/~s_kousin/(左フレームの「大日堂」をクリック)

・寿永寺 
お江に仕えた寿永法尼が徳川秀忠の菩提を弔うために創建したとのこと。
http://wheatbaku.exblog.jp/13510353/
http://www.tesshow.jp/taito/temple_minowa_juei.shtml
しかも彼女は秀忠の側室だったそうな
http://wiki.nsview.net/%E5%AF%BF%E6%B0%B8%E5%AF%BA_%E3%80%94%E6%AD%A3%E8%A6%9A%E5%B1%B1%E3%80%95
http://news.livedoor.com/article/detail/3980144/
だから、お江ではなくて徳川秀忠の菩提を弔っているのかと、一応納得したんだが。
でも寛永七年にお寺を開いたとき、秀忠はまだ生きているんだけど…
(秀忠が死んだのは寛永九年一月)
それにしても秀忠にはお静の方以外にも名が残っている側室がいたんですね
(長丸の母の存在ははっきりわかっていませんからね)

このうちいくつ行くことができるだろうか。
どうなるかわからないけど、気長に取り組んでみます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
戦国武将を訪ねて
お江にまつわる地方や、国宝をもつ城の近くのホテルなどを追加しました。 ...続きを見る
ぱふぅ家のサイバー小物
2010/12/26 12:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
お江のゆかりの地についてメモ・その2 かとりぶたを側に置き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる