かとりぶたを側に置き

アクセスカウンタ

zoom RSS 増上寺

<<   作成日時 : 2010/05/30 15:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

この前、増上寺に行ってきました。
お江の墓があるので、前から行きたかった場所です。

浜松町の駅から歩くと、まず大門が見えてきます。
画像

そして、三解脱門です。
画像

大きいですね。

境内に入って参道を行くと左側に水盤舎です。
画像

画像

水盤舎の、参道をはさんで向かい側には鐘楼堂があります。
画像

画像

ゆるやかな階段をあがった先が本堂です。
画像

中を参拝しました。
本堂の隣の安国殿は工事中で見えず。
西向観音をお参りした後、安国殿の横を通り境内の奥へ。
徳川家墓所です。今日は一般公開日でした。
画像

画像

墓所は思いのほか、こじんまりとした場所でした。
右側の一番奥に台徳院(秀忠)・崇源院(お江)の宝塔があります。
ようやく念願がかない、拝見することができました。

かつて増上寺は、先の大戦前までは広大な境内に壮麗な霊廟建築が建ち並び、
将軍・御台所だけでなく側室・子女にもそれぞれの宝塔がありました。
ところが今はささやかな敷地にたった七基。
しかも将軍と御台所はまだ二人で一つだけれど、側室と子供はたくさんいるのに
一つに合祀されてます。
そういうわけで墓所は昔の栄華今いずこという趣で、なにやら物悲しくなりました。
ちなみにですが、現在の秀忠とお江の宝塔は元々は崇源院宝塔、つまりお江のものです。
秀忠のではありません。
台徳院宝塔は木造だったので空襲で焼けてしまったのですね。
今は夫婦一緒の宝塔で祀られています。

さらに台徳院宝塔のそばには灯篭も立ってます。
それぞれ板倉重宗(京都所司代だった人)と酒井忠勝(大老だった人)が奉納した
ものでした。
そして、ひとつ気になったことが。
敷地の左奥のほうに、大きな石の輪があったこと。
宝塔の一部でなければいいんですけどね。

墓所の中を一通り見て回りましたが、ここでは写真撮りませんでした。
実はお墓を撮るのはけっこう心理的抵抗があって、それでもいつもは撮影しますが
今回は撮る気になれなかったんです。
元々、寺の本堂や神社の本殿も気分的に撮影しにくくて、いつも思い切って
撮影してます。
(そのわりに撮影禁止の看板に気がつかないで撮ることもあるんですが)
次に行ったら撮影しようかな…。まあそのときの気分次第です。

このあとは裏の墓地のほうまで行ってうろうろして、それから入り口のほうに戻りました。
お札所でしばし物色。お守りと、他には資料として境内古地図を買いました。

それから敷地内の熊野神社(ここのは、ゆやじんじゃ、と読みます)へお参りして、
境内を出て、プリンスホテルのほうへ。
有章院霊廟二天門です。家継くんの門ですね。
画像

そしてプリンスホテル。東京タワーも見えます。
画像

在りし日はここにも霊廟が建ち並んでいました。
お江さんの宝塔もここにありました。
実はお江の宝塔と霊牌所は離れた場所にあったそうです。
宝塔は今のプリンスホテルのあたりに、霊牌所は秀忠の霊廟の隣で、今の増上寺会館が
あるあたりです。
お江は一度墓所が改装されています。元々は今の宝塔よりも高い塔だったのが低くなり、
おそらくそばにあったであろう霊牌所が建長寺に移され、秀忠の霊廟の隣に
新たな霊牌所が建てられたそうです。
なお、わたしの説明は他のサイトの方の受け売りですので、
詳しくは下記のサイト等でご確認ください。
http://www12.ocn.ne.jp/~kyubun/zojyoji.htm
http://members.jcom.home.ne.jp/tom-itou/
後はこんな論文とか
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004322065/en
この辺の彼女の墓所にまつわる少し変な話が、家光との不仲説につながるのかなあ、
と思いますが。
でもほんとうに嫌いだったら、壊したまま作り直さないと思うので、事情があったと
思いたいですね、私としては。

プリンスホテルから三解脱門を通り過ぎて、プリンスパークタワーのほうへ向かいます。
しかし途中、経蔵の一般公開の文字を目にして、あわてて境内に入りなおしました。
中にはお経を収めた輪蔵があり、それを回しました。
たしか、回すとお経を読んだのと同じになるとか、云われてるらしいです。
そして改めて台徳院惣門へ。
画像

門をくぐってまっすぐ行くと、水路跡とか
画像
 
画像

惣門跡に
画像

勅額門跡があって
画像

その先は
画像

庭園です。プリンスパークタワーの付属らしいですが、自由に入れます。
前はゴルフ練習所だったらしいですが、今は花が咲く綺麗な庭園になってます。
画像

画像


ここは台徳院霊廟の跡地ですが、こういう場所になっていれば、すこしは浮かばれる
かもしれません。ゴルフ練習所じゃなくなってよかったですね。
とはいえ宝塔があった奥の院は、今はプリンスパークタワーになってます。
わたしが行ったときはちょうど結婚式をしてましたが。
「一般的に恐妻家と思われている男の墓の跡」で結婚式っつーのはどうなんだろう、
花婿的に。(わたしは恐妻家伝説は信じてませんけど)
とりあえずは花婿が歴史オタクでないことを祈ります。

この庭園の隣には芝丸山古墳があります。
真ん中のこんもりした濃い緑のところが芝丸山古墳、右に見切れてるのは
プリンスパークタワーです。
画像

徳川家康が江戸にやってくるはるか昔、この辺にはいくつか古墳があったらしいです。
徳川家霊廟を作る際、削られた古墳もあるらしく、それはそれでなんだかな〜と
思いますが、芝丸山古墳だけは残ったようです。しかしたくさんの樹に覆われて
全体の形はよくわからないです。

このあと下の公園で一休みし、芝東照宮をお参り。
最後に駅のほうに戻りがてら、最勝院という、お江さんの霊廟の別当寺を探しました。
場所はすぐわかりましたが、建物はふつうのマンションになってました。
表札みないと寺とはわからないよ、という状態でしたので、写真はなしです。

ほんとうは東京タワーも行きたかったですが、
画像

時間的に難しかったので今回はあきらめました。また機会がありましたら行きたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
増上寺 かとりぶたを側に置き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる